本文へスキップ

桑名商事株式会社は化学・電気を応用とした総合表面処理を専門とする会社です。

TEL. 0285-82-4638

〒321-4345 栃木県真岡市寺内1493-1

製品一覧 ー 化学めっきPRODUCTS


化学めっき 電気めっき 化成処理

無電解ニッケルめっき

均一な膜厚が得られ、1μmから管理が可能

一般加工部品から精密加工部品の総合的な防錆皮膜
精密加工部品・精密金型等のμ単位での細かな寸法調整
樹脂成形金型の耐ガス腐食皮膜

無電解ニッケルめっきイメージ 無電解ニッケルめっきイメージ

無電解ニッケルめっきは、ニッケル(Ni)とリン(P)からなる合金めっきです。
めっき液中で還元反応が起こり、金属が析出していく為、液が触れるところは均一な皮膜が得られ、電気めっきにはない付きまわり性・膜厚均一性が得られ、耐食性にも優れるのが特徴です。
皮膜の硬さは、析出状態がHv500程度で、300℃×2hの熱処理を行う事で、Hv800〜900まで上昇します。
弊社では、社内独自技術によりオリジナルの無電解ニッケルめっき液を開発し、高品質な皮膜を提供しております。
各種加工品への防錆皮膜から、硬さを活かした耐摩耗性皮膜、精密部品や金型の寸法調整等といった幅広い用途にお使い頂くことができます。マスキングにも対応致します(リンク)

無電解ニッケルめっきイメージ
 皮膜組成(wt%)  Ni  90~92
 P  8~10
 硬度(Hv)  析出状態  500~600
 300℃×2h  800~900
 動摩擦係数  対 PPS  0.37
 対 SUJ-2  0.7
 融点(℃)  890
 有効使用温度(℃)  硬度維持等を考慮  400

《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
●1μm単位での膜厚管理が可能です。(最薄1μm〜)
●膜厚均一性に優れ、全体的に均一な膜厚が得られます。(ご依頼頂いた膜厚の±10%の公差)
●付き回り性に優れ、穴の内径等にもめっきが析出します。(材質・形状による)
●電気めっきに比べ、耐食性に優れます。
●析出状態では非磁性、熱処理を行うことで磁性を持ちます。
●熱処理を行うことで硬度が上がり、耐摩耗性が向上します。


シンフロンシリーズ

優れた潤滑性・離型性を持つPTFE分散無電解ニッケルめっき

樹脂成形金型の離型性向上
カメラ部品等の摺動性向上
カジリ防止皮膜・非粘着皮膜として

シンフロンシリーズイメージ シンフロンシリーズイメージ

無電解ニッケルめっきの析出と共にPTFEの微細粒子を共析させ、PTFEの潤滑性と、無電解ニッケルめっきの硬さ・密着力を兼ね備えためっき皮膜です。
樹脂成形金型の離型性向上目的で多くの実績を頂いております。マスキングにも対応致します(リンク)
無電解ニッケルめっきベースなので硬度も高く、無潤滑条件の摺動部にもお使い頂けます。

PTFEの含有量を調整し、低含有(シンフロンT)・通常(シンフロン)・高含有(シンフロンFH)の3種類をご用意しておりますので、用途に合わせてお使い頂けます。

シンフロンシリーズイメージ シンフロンシリーズイメージ シンフロンシリーズイメージ
《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
●1μm単位での膜厚管理が可能です。(最薄1μm〜)
●膜厚均一性に優れ、全体的に均一な膜厚が得られます。(ご依頼頂いた膜厚の±10%の公差)
●付き回り性に優れ、穴の内径等にもめっきが析出します。(材質・形状による)
●析出状態では非磁性、熱処理を行うことで磁性を持ちます。
●熱処理を行うことで硬度が上がり、耐摩耗性が向上します。


シンコートシリーズ

耐酸化性・耐食性・高硬度などに優れる合金めっき

硬質クロムの代替皮膜
ギア・シャフト等の摺動部品
はんだ付け性が要求される金めっき代替皮膜
高温環境下での離型性皮膜

シンコートシリーズイメージ シンコートシリーズイメージ

無電解ニッケルめっき(Ni-P)のリン(P)とは異なる金属(B,W)と合金化させためっき皮膜です。
析出時でHv750程度、熱処理後はHv1,000程度まで上昇し、優れた耐摩耗性が得られます。また、耐酸化性にも優れ、半田付け性が良好ですので金めっきの代替としてもご利用頂けます。
特にシンコート307はWの含有量が30wt%にもなり、耐摩耗性・耐食性に優れております。

《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
●1μm単位での膜厚管理が可能です。(最薄1μm〜)
●膜厚均一性に優れ、全体的に均一な膜厚が得られます。(ご依頼頂いた膜厚の±10%の公差)
●付き回り性に優れ、穴の内径等にもめっきが析出します。(材質・形状による)
●析出状態で磁性を持っています。
●また、熱処理を行うことで硬度が上がり、耐摩耗性が向上します。


シンジットシリーズ

高硬度セラミックス微粒子を皮膜中に分散

樹脂成形金型の耐摩耗性皮膜
光学機器部品の潤滑性・摺動性向上
食品包装機械の耐久性向上

シンジットシリーズイメージ シンジットシリーズイメージ

無電解ニッケル皮膜中にセラミックスの微粒子を分散共析させ、PTFE分散めっき以上の耐摩耗性・皮膜硬度が得られ、より過酷な使用条件でお使い頂けます。
ガラス入りの樹脂成形金型の離型性、耐摩耗性皮膜としての実績があります。マスキングにも対応致します(リンク)

シンジットシリーズイメージ シンジットシリーズイメージ シンジットシリーズイメージ
《特徴》

●様々な材質に処理可能です。
●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
●1μm単位での膜厚管理が可能です。(最薄3μm〜)
●膜厚均一性に優れ、全体的に均一な膜厚が得られます。(ご依頼頂いた膜厚の±10%の公差)
●付き回り性に優れ、穴の内径等にもめっきが析出します。(材質・形状による)
●析出状態では非磁性、熱処理を行うことで磁性を持ちます。
●熱処理を行うことで硬度が上がり、耐摩耗性が向上します。


黒色無電解ニッケルめっき

付き回り性・膜厚均一性に優れる黒色皮膜
黒色無電解ニッケルめっき KSW/KSB

精密部品への黒色皮膜
防眩性皮膜
熱放射性向上

黒色無電解ニッケルめっきイメージ

従来の黒色皮膜に比べ、耐食性を大幅に向上させた表面処理であり、塩水浸漬(72h)後も表面状態が変化しません。
特殊無電解ニッケル後に表層をエッチングすることで黒色化させる為、膜厚の均一性に優れます。

黒色無電解ニッケルめっきイメージ 黒色無電解ニッケルめっきイメージ 黒色無電解ニッケルめっきイメージ

907部分めっき(マスキング)

金型への部分的な肉盛り修正や、部分的な機能性付与

907部分めっき(マスキング)イメージ

弊社独自のマスキング技術と無電解ニッケルめっきの組み合わせにより、1μm単位での厚みで均一に精度良く管理することができる部分肉盛技術です。
金型や精密部品の修正方法として、溶接法や電気めっき法が一般的に使われておりましたが、それぞれに難があり、利用できる場面が限られておりました。
907部分めっき法により、これらの問題を解決し、精密金型や精密部品の特性を損ねることなく均一な皮膜が肉盛され、仕上げ作業が大幅に削減されます。

907部分めっき(マスキング)イメージ
《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe・SUS・Cu・Al)
●めっきにてエッジが必要な場合、突き当て面や、精度上めっきを必要としない場合に於いても意図的に有効面以外にめっきを付ける必要があります。その際には、研磨加工若しくは、放電加工によるめっきの除去が必要になります。
〜放電での追加工の場合〜
前もって、TPによるテストカットを推奨致します。出力を仕上げレベルまで落とすことで加工可能です。
〜研磨での追加工の場合〜
めっき皮膜は、母材との密着力に比べ、皮膜同士の結合力が強い為、皮膜が引張られる方向から力を加えると、加工後にキワが浮いてしまう恐れがあります。