本文へスキップ

桑名商事株式会社は化学・電気を応用とした総合表面処理を専門とする会社です。

TEL. 0285-82-4638

〒321-4345 栃木県真岡市寺内1493-1

製品一覧 ー 電気めっきPRODUCTS


化学めっき 電気めっき 化成処理

金めっき

高い耐食性と導電性を持つ貴金属めっき

コネクタ部品等への電気伝導性
ガス腐食防止皮膜
外観部品への装飾目的

金イメージ

金は化学的に非常に安定な金属であり、耐腐食性・耐酸化性の他、電気や熱の良導体、低い接触抵抗を持つなど、物理的機能に於いても非常に優れた特性を持つ金属です。
弊社の金めっきは、皮膜中にコバルトが0.3%程度含まれる硬質金めっきを採用しており、接点部品から装飾部品まで幅広くお使い頂けます。

《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
※場合により、下地めっきが必要になります。
●お品物の形状によっては、めっきが回らない(めっきが付かない)箇所が生じます。
専用の治具を作製することにより、解決できる場合がありますが治具費用は有償となります。


銀めっき

金属の中で最も高い導電性を持つ貴金属めっき

ナットやボルトへのカジリ防止・シール目的
電気伝導性付与
はんだ付け性付与

銀イメージ

銀めっきは電気伝導性・低抵抗・はんだ濡れ性・抗菌性等の特性を持ち、装飾・食器類・電子部品等、応用できる範囲が広いのが特徴です。
弊社の銀めっきは無光沢の外観で装飾には向きませんが、主に工業用途(電気伝導性・カジリ防止等)で使われております。また、変色しやすい皮膜でもあり、めっき後に変色防止処理を行います。

《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
※場合により、下地めっきが必要になります。
●お品物の形状によっては、めっきが回らない(めっきが付かない)箇所が生じます。
専用の治具を作製することにより、解決できる場合がありますが治具費用は有償となります。


銅めっき

延展性に優れ、付き回りや

浸炭防止皮膜
ニッケルめっき・クロムめっき等の下地めっき皮膜

銅イメージ

銅めっきは、熱伝導性や電気伝導性が非常に高い皮膜です。しかし非常に酸化されやすい皮膜でもある為、装飾めっきに於いては、皮膜単体で使われることは少なく、ニッケルめっきやクロムめっきの下地めっきとして広く使われております。
弊社では、上記のような下地めっきとしての利用の他に、浸炭防止用の膜として使われ、用途によってはマスキングを施した上でめっきを行い、部分的に防炭の効果を付与することができ、追加工の工数を削減することができます。

《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
※場合により、下地めっきが必要になります。
●電気めっきの特性上、膜厚につきましては、○μm以上や、○μm〜○μmといった公差を頂きます。
●お品物の形状によっては、めっきが回らない(めっきが付かない)箇所が生じます。
専用の治具を作製することにより、解決できる場合がありますが治具費用は有償となります。


電気ニッケルめっき

クロムめっきの下地処理
貴金属めっきの拡散防止膜

電気ニッケルめっきイメージ

ニッケルめっきは、鉄に近い金属ですが、空気中や湿度に対して、鉄よりはるかに安定であることから、めっきでは装飾、防食の両面に利用される他、ステンレス材へのはんだ付け性付与や金・銀めっき等の拡散防止皮膜としてご利用頂いております。

《特徴》

●様々な材質に処理可能です。
●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
※材質によって、下地めっきに無電解ニッケルめっきが入る場合があります。
●電気めっきの特性上、膜厚につきましては、○μm以上や、○μm〜○μmといった公差を頂きます。
精密品への防錆処理は無電解ニッケルめっき(リンク)をご利用ください
●お品物の形状によっては、めっきが回らない(めっきが付かない)箇所が生じます。
専用の治具を作製することにより、解決できる場合がありますが治具費用は有償となります。
●析出状態で強い磁性を持っています。


クロムめっき

外観部品の仕上げめっき
ニッケルめっきの変色防止

クロムめっきイメージ クロムめっきイメージ

大気中に於いて安定であり、変色が極めて少ないクロムめっきは、真鍮材や鉄材等あらゆる加工品の美観付与を目的とした最終仕上げとして使用されています。(皮膜厚みは0.1μm程度)。

《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
※電気ニッケルめっきや銅めっき等の下地めっきが必要になります。
●お品物の形状によっては、めっきが回らない(めっきが付かない)箇所が生じます。
専用の治具を作製することにより、解決できる場合がありますが治具費用は有償となります。


黒ニッケルめっき

光学部品への光反射防止皮膜
黒色外観装飾部品

黒ニッケルめっきイメージ

金属表面に、外観装飾・光反射防止用の皮膜として使われております。膜厚は薄く(1μm)、厚付けは出来ませんが付き回り性が特に良好です。
光沢や耐食性は下地のめっきに依存し、弊社では材質により、下地めっきに無電解ニッケルめっきをお付けしております。

《特徴》

●様々な材質に処理可能です。(Fe,SUS,Cu,Al)
※チタンやマグネシウム、セラミックス等につきましては別途ご相談ください。
※皮膜単体では耐食性に乏しい為、下地に防錆能力の高い無電解ニッケルめっきをお付けします。
●お品物の形状によっては、めっきが回らない(めっきが付かない)箇所が生じます。
専用の治具を作製することにより、解決できる場合がありますが治具費用は有償となります。
●大変変色し易い皮膜です。外観用途でお使いになる場合は、仕上げにラッカー塗装等の後処理を行ってくださいますようお願い致します。(弊社では扱っておりません)


亜鉛めっき(3価クロメート処理)

鉄材に対する防錆・防食皮膜


鉄素材に対して高い防錆能力を持ち、素材を腐食から守るのと共に、素地が局部的に露出した場合に於いても、亜鉛と鉄の間では亜鉛が陽極的な挙動を取り、亜鉛が自己犠牲的に腐食することで、鉄を腐食から守る役割を果たします。
亜鉛めっき直後の外観は、無光沢の灰色の皮膜となり、外観としてはあまり優れておりませんが、めっき後のクロメート処理によって亜鉛表面の耐食性が増すと共に美観も加わり、防食性も向上することができます。

《特徴》

●弊社ではバレルめっきのみの対応となります。お受けできる形状に制限がございますので、詳しくはお問合せくださいますようお願い致します。